4日目は日曜日で移動日。
朝はゆっくりしてホテルでTVを見る。
しかし気になるのがW杯。
ベトナムは時差2:00のため、20:00がkick off。

ところが、ホーチミン市へのフライトが19:10-21:00なので、確実に前半は見れない。
空港についてからも最低30分はかかるので、見られたとしても、後半の残り10分程度で、これまた無理。
なのであきらめた。

今日は午後にベトナムIT教育センターの方と、久々に会った。
彼は日本のJETROから派遣されている専門家で、ベトナムをこよなく愛している人である。

昨日日本から戻ったということで、日曜日のミーティングになったが、こちらの状況や近況報告を行い、色々と協力をお願いした。

で、ホテルに戻り、荷物をまとめ、18:00に空港に到着。
20分ほどフライトが遅れたが、21:10にホーチミン市に到着。

荷物のターンテーブル前にTVがあり、そこで日本戦を少し観戦。
後半20分で0vs0。
何やらやってくれそうな気配を感じつつ、タクシーに乗り込み、ラジオ観戦。

INAMOTO、TAMADA、OGASAWARAとベトナムでは聞きなれない名前が出てきてそこそこ面白い。
空港にあるすべてのモニター(空港の外も含め)はもちろん、街中のモニターやTVはすべて日本VSクロアチア。

タクシーに乗ること10分、日本がドローに終わったことを知る。
「再三のチャンスをものにできない」
「これで日本は決勝トーナメントに進むことが非常に困難になった」
と解説が厳しいコメント。
 なんだか、一応日本で録画してきたけれど、正直帰国後に見直すだろうか、、、という結果だ。残念・・・。