03-3443-1531 メールでのお問い合わせ

カテゴリ:技能実習

【特定技能】オンラインセミナー実施の内容が現地新聞に公表されました(インドネシア)

土曜日の午前中の開催にもかかわらず、日本語学科生や元・技能実習生、日本への就職に興味がある学生など、参加者は約80名。
弊社のインドネシア人スタッフのミランティが終始、スライドを提示しながら説明をし、参加者も真剣な眼差しでセミナーを聞いており、非常に関心が高いように感じました。

続きを読む

【特定技能】介護職のオンライン面接を実施しました

特定技能の14業種のなかでも、合格しなければいけない試験が3つある「介護」のオンライン面接を実施しました。 外国人の介護職は、EPA(経済連携協定)、技能実習、介護、特定技能と4つの枠組みで受入が可能ですが、専門知識を有 […]

続きを読む

【ニュース】ベトナム、海外での勤務希望者が急減

ここのところ、ベトナムでの海外勤務希望者が激減しておりました。
理由としては、2020年春先、新型コロナウイルス感染症の影響で、帰国できない外国の方々が多く混乱しておりましたが、各国は自国民を帰国させるため、チャーター便を手配し、帰国をさせていました。しかしベトナム政府は、自国民に対し帰国調整をさせた結果、ベトナムの方々が多数帰国できない事態に陥りました。コロナ禍になってすでに1年経過していますが、未だに帰国するにはベトナム大使館に登録し、許可が出ないと帰国できません。日経新聞によると、これらの状況を背景に、海外で勤務を希望する方が激減していると伝えています。

続きを読む

【ニュース】2020年の農業就業者160万人、5年で48万人も減少

農業就業者数が、5年で48万人減少しています。年間約10万人の減少。 その中で、主な仕事が農業の「基幹的農業従事者数」が、48万人の中の39万4000人減っています。 つまり約8万人/年の農業従事者が減少しており、このままでは、2026年には100万人を割り、2030年に140万人をキープするという政府目標は達成が不可能となります。 特定技能「農業」の従事希望者の確保をさらに強化するため、各国と連携をとりながら今まで以上に進めていきたいと思います。

続きを読む

【特定技能】応募希望者向けオンラインセミナーを開催しました

定期的に開催しているインドネシア向けのオンラインセミナーを開催しました。 ラマダンの時期でもあるため、みなさん断食中ということで、参加者は多くないと思っていましたが、結局約70名が参加し、活発に質問をいただきました。

続きを読む

【特定技能】農閑期は帰国ができる農業法人で4名内定

特定技能「農業」希望者と北海道の農業法人様と、オンライン面接を実施しました。北海道は積雪があるため、冬季は農閑期となります。 今回の応募者は、農閑期に一時帰国し、翌年、再入国をするという形での応募者です。

続きを読む

【特定技能】農閑期は帰国?季節労働に関する調査結果について

特定技能外国人の受入の特徴として、滞在期間中に母国に帰国が可能です。 それで、今回インドネシアを対象に、1年のうち一定期間、日本で勤務し、残りをインドネシアで暮らし、また再入国をするという新しいワークスタイルに関する調査をしました。

続きを読む

【特定技能】介護人材の紹介を開始しました

「特定技能」外国人の受入に関しては、 「飲食料品製造」 「宿泊」 「農業」 「外食」 の4産業分野での受け入れを行なっておりますが、新たに「介護」 も加え、希望者のご紹介を開始いたしました。

続きを読む

【ニュース】ヤンゴン→成田 ANA便が2月19日(金)、24日(水)に運行します

ミャンマーの軍事クーデターの影響で、成田・ヤンゴン便が運休していましたが、2/19(金)、24(水)に運行することになった様です。

続きを読む

【特定技能】インドネシアオンラインセミナーを開催しました

11月21日土曜日に、定例の特定技能セミナーをインドネシアの方々向けに実施しました。 インドネシアは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でジャカルタ等の大都市では大規模な社会活動制限がされている中、約30名が参加しました。

続きを読む