【技術・人文知識・国際業務】ミャンマー機械系エンジニアが2名内定しました

11月に当ブログでも紹介したミャンマーの機械系技術者の採用面接を実施し、無事2名採用いただけました。

今回採用いただきました企業は、千葉県の建設機械などの部品製造をされている企業。

これまで外国人の技術者を3カ国で採用されており、ミャンマーは初めての採用となりました。

元々は、弊社の協力会社様のご紹介で、コロナ禍でもあり、あまり乗り気ではなかったとのことでしたが、事前選考資料と自己紹介ビデオを10名分拝見いただき、日本語が上手いということで、興味を持っていただき、事前選考いただいた4名とオンラインで面接していただきました。

4名はミャンマーの技術系大学の機械学部卒業者で、日本語能力検定(JLPT)はN3とN4合格者でした。

面接官は経営者と人事責任者の2名で、通訳として弊社のインザが入りました。

1人目(N4)のインタビューが終わった時に、社長からの第一声が

「日本語、ほんと上手だね。本当にN4? これじゃぁインザさんの通訳もいらないね(笑)」

でした。

確かにN4というレベルではなく、普通に会話ができていたので、そう思われてもおかしくないぐらいの

コミュニケーションスキルです。

2人目(N4)、3人目(N3)、4人目(N4)と面接をし、最終的に2人目と4人目のN4の2名が最終面接に進みました。

初回面接での内示は「1名採用かな?」ということでした。

2日後、この2名の最終面接を同じくオンラインで実施し、通訳も入れて、細かい質問をしながら、

人物評価をしていただきました。

一人当たり45分程度、じっくりと面接を進めていただいた結果、

なんと2名とも内定という運びになりました。

理由を伺うと、

「日本語能力が高いのも当然だけど、素直で真面目で、これまで採用したどの国の技術者よりもレベルが高い」

と最大限のお褒めの言葉をいただきました。

ミャンマーの技術者はまだメジャーではないですが、弊社では今後、電気系技術者、IT技術者の面接も控えており、今後さらに注目されることになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です