【特定技能】技能測定試験対策 オンライン講座実施中


2019年4月に新設された在留資格「特定技能」では、
「日本語能力試験」と14業界それぞれの「技能測定試験」の
両方に合格した外国人に対して在留資格が交付されます。

日本語能力試験は共有条件ですが、技能測定試験は、
それぞれ難易度の濃淡があり、合格率も30%~80%と
幅があります。

そこで、技能測定試験の試験対策講座をオンラインで実施しています。
まずは、日本在住のミャンマー人の方々を対象に、
「外食業」
「飲食料品製造業」
で実施しております。

この講座、最初は定員5名で参加者3名と、予定より少数で実施しましたが、
受験者全員、無事、技能測定試験に合格しました。

結果、2回目、3回目とクチコミで評判を呼び、3回目は定員10名をオーバーするまでになっております。

今後、2021年12月までにあと8回実施を計画しています。

他の業界では「宿泊業」を現在準備中で、今後はインドネシア語、英語での講座を作成する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です