ベトナム青汁

ホーチミンに出張中、最近毎朝飲んでいるのが、ベトナム版青汁。
An Dong市場の1階の屋台(良く言えばフードコート)で朝食を採る際に必ず注文している。

この青汁、以前からAn Dong市場でよく女性が飲んでいるのを見かけていた。

見た目はほんと青汁なので、正直なところ苦くて、臭くておいしくないというヘレンケラー的な飲み物だろうと思っていた。
ただ健康志向のベトナム人のことを考えると、何か得体も知れない効果があるのだろうということも、同じく思っていた。

ある日、同僚のルアン氏に「あの飲み物が気になる」とのことを伝えたら、
「あれは、青汁ですが甘くして飲みやすくしているんですよ」
とこと。

早速、怖いもの見たさの感覚で注文したのである。
で、目の前に現れたこの青汁。見た目はやはり青汁。
匂いも少し青臭い匂いがする。

ストローが刺さっているが、ストローで飲むには時間的な経過が長いのと、青臭さが舌に突き刺さるイメージがあったので、まずは普通に生ビールのごとく飲んでみた。

飲んでみると、以外や甘い。それにあっさりしていて非常に飲みやすい。
次はストローで飲んでみる。
問題ない。
グイグイ飲んで、見事に完飲。

その日を境に、Cafe sua da(ベトナム式のアイスコーヒー)の代わりに、この青汁を飲むようになったのである。

ちなみに健康面に関しては、体調、特に胃腸の調子がよい。
日本に帰国後、妻に会って言われた一言が忘れられない。
「肌の張りがよくない?」
もう、無くてはならない飲み物になったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です